050-1705-4671

ニュース&トピックス詳細

NEWS & TOPICS DETAIL

未分類

カーエアコンの仕組みとチェックポイント

2020.04.30

中古車購入時のエアコンの確認の仕方
こんにちは。
いつも軽パークのホームページをご覧いただきありがとうございます。
春になり、これからどんどん気温の上がる季節となりました。
そんな時にお車に関する事で気になるのが「カーエアコンの状態」ではないでしょうか?

現在では真夏になれば35度以上の酷暑になる事も少なくありません。
もし、そんな時にカーエアコンが効かなかったり、壊れてしまったとしたら…
車内はかなりの高温になり、更には車内の人が熱中症を引き起こす危険性もあります。
中古車をご購入の際に、カーエアコンの状態は見落とされがちな場所だと言われています。

ご購入後にカーエアコンのトラブルに遭わないためにも、これから中古車をお探しになる方はカーエアコンのどのような部分に気をつければ良いのでしょうか?
中古車を購入する際のカーエアコンのチェックポイントについてご紹介していきます。


カーエアコンの仕組みについて

中古車のカーエアコンのチェックポインについてお話していく前に、まずはカーエアコンの仕組みについて理解しておきましょう。簡単にご説明させていただきます。


冷房の仕組み

基本的には家庭用のエアコンと同じ仕組みで、
冷媒用の「ガス」をコンプレッサーで圧縮し、高圧になった「圧縮ガス」を
バルブにより一気に噴射します。液体が蒸発(気化)する際、周りの熱を奪う習性
を利用してエバポレーターを冷やしています。
これは注射の前、腕にアルコール消毒をされた時にひんやりと感じるのと同じで、気化する時に周囲から熱を奪う「気化冷却」と呼ばれる原理です。
それを利用して、エバポレーターを冷やし、その冷えた空気をブロアモーターにより車室内へ循環することで車内を冷やします。


暖房の仕組み

基本となるヒーターの熱源はエンジンです。エンジンをかけると大量の熱が発生し、どんどんとエンジンの温度が上昇していきます。そのまま放っておくと、オーバーヒートになってしまうので、冷却水を使ってエンジンを冷やします。
エンジンを冷やす過程で冷却水の温度は上昇し、温度が上昇した冷却水に風を当てると暖かい空気が発生し、車内に送り込まれて暖房として車内を暖めます。


中古車購入時のエアコンの確認の仕方

中古車購入時のエアコンの確認の仕方
それでは、中古車購入時のカーエアコンのチェックポイントについてご紹介していきます。


1.風量

じゅうぶんな風量が出ているか確認しましょう。風量を切り替えて、きちんと設定どおりの風量になるかチェックしておきましょう。


2.効き具合

中古車ご購入前にはしばらくエアコンをつけて、冷房・暖房共に効き具合を確認しましょう。
不具合の原因について、冷房・暖房それぞれで考えられる内容をご紹介していきます。

冷房

冷房で風は出ていてもぬるい、というトラブルも多く聞かれます。
冷房が効かない理由として考えられるのは、エアコンガスの不足や漏れです。
せっかくエアコンガスを充填したとしても、エアコンガスの漏れがあると、すぐに冷房が効かなくなってしまいます。

エアコンガスの漏れなどがないか確認するにはコンプレッサーを確認してみましょう。
車のボンネットを開け、コンプレッサーにあるサイドグラスという覗き窓から見ると、
ある程度のガスの残量は確認できます。
また、コンプレッサーが作動している状態で、液体の流れや泡が見えるか確認しましょう。
泡が白く濁っているようであればガス不足、また、透明で大きな泡が浮かび上がる場合はガスが詰まっている可能性があります。
コンプレッサーの修理となれば、高額な費用がかかる可能性が高いです。


暖房

暖房がなかなか温まらない原因としては、サーモスタットの故障が挙げられます。
サーモスタットとはエンジンを一定の温度まで温めて、燃焼効率を高めさせることが目的の部品です。
暖房をつけて、いつまでも暖房が温まらない場合は、サーモスタットの交換が必要かもしれません。
その他、送風機のモーターの故障や冷却水がない、エアコンシステムの故障などの問題が原因のこともあります。


3.におい

エアコンからカビやタバコのようなにおいなど、嫌なにおいのする風が出てくると車に乗りたくなくなってしまいますよね。
嫌なにおいの原因はエアコンの中のカビや、ホコリなどの汚れの可能性が高いです。
そのため、購入後には念入りな掃除や、または業者にクリーニングを依頼する必要があります。


4.異音

エアコンをつけで、異音が聞こえてきた場合も注意が必要です。
原因の一つに挙げられるのは、エアコンの部品の故障の可能性です。
車内に風を送り出す装置であるブロアファンの故障や、もしくはコンプレッサーの故障が考えられます。どちらも交換が必要となります。

もう一つ考えられる原因は、ホコリやカビなどの異物による可能性です。
こちらは自分でも掃除をすることは可能ですが、異音を完璧に消すには
プロに依頼するのが確実でしょう。
 
中古車のカーエアコンのチェックポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
カーエアコンの修理費用は高額になる傾向があります。上記のポイントをしっかりと確認して、失敗しない中古車選びをしましょう。
 


カーエアコンを長持ちさせる方法

カーエアコンを長持ちさせる方法
それでは最後に、お車をご購入後もカーエアコンの効果を長持ちさせる方法やコツについてご紹介していきます。


●定期的にカーエアコンの掃除・フィルターの交換をする

カーエアコンをつけた時ににおいが気になったり、ホコリが飛んでくるようになったら掃除のタイミングです。市販のカーエアコン専用洗浄剤などを使用して掃除しましょう。
フィルターの水洗いがOKなら、水で洗い流して乾かしましょう。水洗いができないものは、はたき等でホコリをはたいて落としましょう。
フィルターに関しては、交換をする方が素早く問題を解決できる場合が多いです。

自分の車のフィルターの品番を確認しておけば、カーショップやインターネットなどでも購入することができます。
エアコンフィルターの交換方法は、助手席側にあるグローブボックスを外すとフィルターの入った箱があり、箱を引き出してフィルターを付け替えて戻せば完了です。
また、掃除してもにおいが取れなかったり、徹底的に掃除したいという場合は業者に依頼することおススメします。


●カーエアコンをこまめに稼働して、状態をチェック

こまめにカーエアコンを稼働させて、状態を確認するようにしましょう。
また、冬であってもたまに冷房を稼働させると、コンプレッサに潤滑油が行き渡るため、

エアコンを長持ちさせることにつながると言われています。
カーエアコンの状態によって、車内の快適性は大きく変わってきます。
上記にご紹介した内容を心掛けることで、長く快適なカーライフを送りましょう。


最後までご覧いただきありがとうございました。
軽パークでは軽自動車専門店だからこそできる充実のラインナップで皆さまをお待ちしております。

また、今回ご紹介した「カーエアコンの状態」についても、しっかりとご確認いただきながら、お客様にピッタリの1台をお選びいただくことができます。
また、カーエアコンの事やその他の事でも、気になる事がありましたらスタッフに何でもご相談ください。

中古軽自動車なら軽パークへ、ぜひお越しください。
みなさまのご来店、お待ちしております。